児玉ヘルス商事株式会社
カレンダー
2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
広告・解析

Archive for the ‘未分類’ Category

6月27日 農業経営者を育てるということ

6月もあと3日で終わります。一番牧草も刈り取り適期を過ぎつつあるのですが、最近はことごとく予報に反して雨が降っています。雨量としてはそんなに過剰なほどでは無いようですが、刈り倒した牧草が雨に当たると飼料としての価値が低下してしまい、生産乳量が落ち場合によっては牛の健康の悪化などにも繋がりかねません。真夏の日差しが恋しい今日この頃です。

先日、札幌にあるオーストラリア領事館の計らいでオーストラリアの農業経営者との意見交換会が開催されました。
「NUFFIELD INTERNATIONAL」と言う1950年代から始まった一般企業や金融機関がスポンサーとなり、農業経営者を育てるスカラーシップ制度で6週間をかけ世界中を回るのだそうです。日本の農業者との交流は今回が初めてとのことでした。

1

20代後半から、40歳程度までの農業経営者が今後の自分達の農業経営の方向性やそれぞれが抱えている課題をこのプログラムを通じて答えを導き出し、帰国後は地域のリーダーとなって行きます。

43

お互いが抱える後継者問題や環境問題はTPP交渉などで利害対立が存在するのも事実ですが、抱えている悩みは共通のようでした。

2

意見交換会の後は懇親会。アルコールが入れば片言の英語とスマホの翻訳アプリで大いに盛り上がりました。

このスカラーシップ制度は、現在オーストラリアだけでは無く、農業経営者を育てる制度として世界的に広がりを見せているそうです。是非この制度を日本にも広げて行きたいとの事でした。
今や世界の動きを無視して出来ない農業経営。そこに存在する農業経営者が世界的な視野を持ち営農に当たることはとても重要です。建物や機械に補助金を出すことだけで農業経営者は育ちません。このような取り組みこそが真の農業経営者を育てると言うことではないでしょうか。


4月2日 ちょっと納得がいかない

昨日から新しい年度が始まりました。今年は17年ぶりの消費税率のアップでいつもの年度替りとは少し雰囲気が違うように感じます。昨日、突然、契約している大手物流業者から値上げの連絡がありました。当社では定期的にトレーラーで本州から商品を運んでいるのですが、これまで1車当たり29万円だったのが一気に5万円上がって34万円になると言うのです。
最近、長時間運転によるバス事故など過剰労働による事故対策として高速道路利用による労働時間の短縮などがその理由だと言います。アベノミクスによる円安誘導が燃料価格の高騰を招いている面もありますが、いきなり15%近い値上げはどうも納得がいきません。


4月17日 サツラク春祭りに参加してきました

なかなか気温が上がらず、畑にもまだ雪が残っています。いつもの年だと畑の中をトラクターが走り回る頃ですが、今年はまだ全く見かけてもいません。平年と比較すると10日から2週間ほど天気が遅れているのではないかとのことですが、こればかりは仕方ありません。
 先日は恵庭市で開かれたサツラク農協青年同志会主催の春祭りに出展参加してきました。毎年、春の作業の忙しくなる前に開かれており50回を越えるイベントだそうです。

主催者の話によると、農業機械を始め、我々のような飼料・肥料業者、種苗メーカーなどの出展も年々増えているとのことです。

このイベントに誘ってくれた㈱リープスの鈴木社長と

曇り空と風の冷たさで、外のイベントとしては厳しいコンディションでしたが、当社のR骨炭の予約なども頂き、参加してよかったですね!


2月29日 デザインの重要性

今日は2月29日、4年に一度しかない日です。今月やっと二度目の書き込みです。
昨夜は帯広出身のグラフィックデザイナーで(有)GAKUデザインの阿部岳さんが講師を勤めた人材確保育成好事例セミナーに参加してきました。

講演テーマは「パッケージデザインの重要性~商品は見た目がすべてを語る」でモノが溢れる中、自社の製品をいかに選んでもらうかという内容でした。

日頃からデザインの重要性は感じていたのですが改めて、論理的に理解することが出来ました。世の中に溢れる商品のほとんどに情報発信や生産側の思いがうまく伝わっていない現状や、デザインとは情報を見せること、伝えることをGAKUさんが具体的に手がけた事例を示しながら、デザインというものの本質を語ってもらいました。


2月7日 TPP私たちには知る権利がある

昨夜は、とかちネット主催、同友会とかち支部後援のTPPに関する講演会が帯広畜産大学にて開催されました。帯広畜産大学の仙北谷先生からはTPPとどう向き合うべきかのテーマで、経済学のゲーム理論から準備をした場合とそうではない場合のリスクを比較した例のお話をされました。
二番目の話題提供者は、元々アメリカの大規模農家に生まれ現在は長沼町で5haで直接消費者と契約を結び野菜の生産をしているレイモンドエップ氏が、体調不良が原因で来日できなかった、ブルースターニーン氏の講演を代読し、TPPの裏側に隠されているアメリカの大企業の戦略をリアルに報告されました。


10月29日 草作り、土つくりがなおざりになってないか?

今朝は、かなり冷え込みました。それでも11月2日から1週間ほど高温に関する注意報が発令されています。昔はこんな季節に高温に関する注意なんてなかったですよね。

酪農家さんの、牧草収穫もいよいよ大詰めを迎えているようですが、11月に入ってからの高温ともなればせっかく冬眠に入ろうとしている牧草もまた伸び始めるのではないでしょうか?

最近、複数の酪農家さんから同じような話を聞きました。それは牛の頭数や経営規模の拡大方向で進んできた一方、肝心の粗飼料が決して良いものが作られていないという内容のものでした。草地更新をしてもしばらくすると、すぐに雑草が混入し植生が悪化してしまったり、収穫もコントラクター利用などで早くはなったのだが、その割には粗飼料の質は向上していないというのです。

粗飼料以外のエサに関しては、現在の飼料設計もかなり充実しているせいか、よほどのことでもない限り大きくバランスを欠くことは無いようですが、その分、粗飼料の質が牛群の疾病障害の発生や様々なストレスに対する抵抗力の差となって現れ、獣医さんと毎日顔を合わせることになるのか、疎遠になるのかの別れ道になります。

良質な粗飼料を生産するための土つくりは一朝一夕で出来るものではありませんが、飼料だって立派な作物です。このオフシーズンの間、もう少し原点を見つめ直してみてはいかがでしょうか?


8月21日 日本ペドロジー学会

盆休み前後のバタバタで10日近く更新をサボってしまいました。この盆休みを挟んで季節が夏から秋へと変わってしまいましたが最近の天気ですからまた暑さが戻って来るかも知れません。

帯広畜産大学から「日本ペドロジー学会」なるものの公開シンポジウムの案内を頂きました。


3月15日 震災の影響

連日、東日本大震災の状況が報道されています。秩序正しい日本人のはずが一部で、略奪や盗難も起きているらしいです。残念なことです。

阪神淡路大震災には無かった原発への対応も今後大きな問題になるでしょう。

一方、当社の直接的な影響としては、本州方面との商品の行き来が当面混乱すると思われ、最大限の努力はしてみますが一部のお客様に対してご迷惑をかけることに対してご理解ください。

昨日、所属する中小企業家同友会からも寄付の案内がありましたが、今、我々が協力出来ることを最大限考えてみたいと思います。


3月13日 大地震

四方を海に囲まれる地震大国日本、次々に流れる今まで見たことも無い映像の数々、時間が経つにつれ被害の大きさが明らかになっています。阪神大震災と比較しても被害の広域差は明らかのようです。
 これが同じ日本で起きた自然の現象とは未だに信じられません。
 
 自然災害に伴う原子力発電所の損傷がもたらす地域住民への脅威など、まるで映画の世界のようですがこれも現実です。

 広範囲に海水が押し寄せた田畑などが、元の生産を再開出来るまで、どれほどの時間を必要とするのでしょうか。

 亡くなった方、多くの家を失った方、この自然の脅威に対するやるせなさをどこにぶつければ良いのでしょうか。一日も早い地域の復興を祈らずにはいられません。

 


8月23日 野球が終わって

夏の甲子園、沖縄興南の春夏連覇で幕を閉じました。一足早く高校野球を終えた息子の同学年の球児たちの大会と言うこともあり今年の甲子園は特別感慨深いものがありました。

息子の野球には少年団時代から春から秋まではとことん野球に付き合いました。同級生の親たちとは息子の野球が終わるとやることが無くなってしまうという声も聞かれるのですが
img_0908-w800.jpg
以前から、野球が終わったらスキーのトレーニングも兼ねて自転車を買おうと思ってました。
仕事柄、車ばかり乗っているので足腰が必然的に弱くなってきます。(老化は下半身から!とも言われます。)

週末を中心に2時間ほど走ると30~40kmくらい走ることが出来ます。普段は仕事で走る平らな農村地帯でも意外とアップダウンがあったり、この時期畑に撒かれた”コヤシ”の匂いを感じたりすることができます。
 今年の夏は暑い日が多いのでかなりな過酷な?トレーニングにもなってます。


Facebook
Facebookページ
Facebookページ
アーカイブ