児玉ヘルス商事株式会社
カレンダー
2019年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
広告・解析

Archive for the ‘酪農’ Category

12月8日 美味しい牛乳ってどんな味なんだろう?

早いもので、もう師走に入りました。一月に一度ペースのブログ書き込みとなっていますが、HPもリニューアルしたのでもう少し書き込み頻度を上げなきゃダメですね。
さて食糧自給率が相変わらず40%前後で推移しているこの国ですが、残念ながら圧倒的な輸入食糧の流入もあり、スーパーやCVSの店頭には溢れんばかりの食糧が並べられています。
食糧難の時代においては質より量、まずは胃袋を満たすことが最優先されます。量が満たされて来ると必然的に人々はより美味しいもの、安いものを要求し始めます。(もっとも安いものにはそれなりの理由がありますが。)昨今のメニューの偽装問題などは当然、食糧難の時代にはあり得ないことですよね。
これからの日本は少子高齢化による人口減少が予測され、当然胃袋の要領もサイズダウンしていく事になります。私が仕事で関わる酪農業界ですが、生産された生乳は大きく分けて二つの用途があります。一つは飲用向け、もう一つはバターやチーズなどの原料向けでそれぞれ国が買い入れ配乳権を持つ指定団体を経て各乳業メーカーに販売されます。

また飲用向けと原料乳には価格差があり飲用向けの方が買い入れ価格は高いのです。
ところが先日ある会議の席上、北海道内にある市乳販売農協の担当者からちょっとショッキングな話を聞きました。酪農家は生産コストを下げるるため多くの生乳を生産し粗飼料以外に様々な飼料を与えます。特に泌乳量が高い牛には分娩後のエネルギー不足を補うために脂肪酸カルシウムと言うものを給与します。(全ての酪農家ではないですが、最近は現場でも結構見かけます。)もちろん法律的にも給与が認められている飼料ですが、ある一牧場だけの生乳をその牧場ブランドで販売していた所、脂肪酸カルシウムを給与してから消費者から牛乳が美味しくなくなったとのクレームが入り始め、結果的に脂肪酸カルシウムが牛乳の味に影響しているとの結論に至り、それ以来、脂肪酸カルシウムの給与は禁止にしたそうです。
私はその報告を聞いてゾッとしました。現在の酪農家は一元集荷の下に少しでも多くの生乳を生産しコストを下げようと努力していると思うのですが、実はそれが牛乳の味を美味しくなくしてしまい結果的に消費の拡大どころか、より一層の牛乳離れを起こす一つの原因になってしまっていないかと言うことです。
以前、北海道のお米は猫またぎと言われ、まずい米の代名詞でした。しかしながら現在は美味しさを追及した品種改良の結果、日本国内においても米どころにも引けを取らない物が数多く出回るようになりました。
以前、米の品種改良を行う公的な試験機関の方の話を聞いたとき、それまでは北海道内の米の育種改良項目に収量性や作りやすさと言う項目があったが、食べる人の立場から見た美味しさという改良項目が無かったと聞いて驚いたことを思い出しました。
主食の米と同じ比較は出来ませんが、今一度、美味しい牛乳と言うものをを見つめなおさないと、いくら生乳は海外から入って来ないとは言え消費者から美味しくない牛乳なら飲まないわ!と言われてしまうのではないかと余計な心配をしている今日この頃です。


10月9日 NPO法人「森は海の恋人」 果たして牛と畑は恋人同士か?

10月に入り収穫作業も半ばを過ぎ後半戦を迎えていますが、今年の秋は相次ぐ台風の接近など安定しない天気が続き、順調に作業が進んでいないようで改めて天候相手の農業の難しさを感じる今日この頃です。

先日、岩見沢市で所属している中小企業家同友会の全道経営者”共育”研究集会に参加して来ました。

毎回、必ず記念講演があるのですが、今年はいつも以上に興味深い講演内容でした。

講師は岩手県気仙沼市在住でNPO法人「森は海の恋人」理事長で牡蠣や帆立の養殖業を営む畠山重篤氏、豊かな海を取り戻すために広葉樹の植林活動を続けています。東日本大震災で壊滅的な被害を受け、ご本人も母親を亡くされながらも気仙沼の養殖業再生、復興への壮絶な取り組みを話されました。

畠山氏は、1984年から始まった漁民による植林活動で国連森林フォーラムで森林のノーベル賞と言われる、フォレストヒーローの表彰を始め、数多くの表彰を受けています。2005年からは京都大学フィールド科学教育研究センター社会連携教授に就任し牡蠣や帆立の養殖に餌として重要な植物性プランクトンは、豊かな森林によってもたらされると言う「森、里、海関連学」を作り上げました。
それまでは大学などでも海、河川、森林の研究はそれぞれの専門分野で縦割りだけで行われ、それぞれの繋がりは無かったのだそうです。

この講演を聞いて、ふと現在の酪農の現状に置き換えて考えてみました。多頭化と高泌乳を追求することにより生産コストを下げ、国際競争に打ち勝って行く酪農。果たして本当なのでしょうか?実態は多頭化と輸入穀物の大量給与による疾病の多発と、ミルクの生産量以上に発生する糞尿処理問題、粗飼料畑の面積は変わらずして牛の飼養頭数が増加することにより、過剰な糞尿が肥料として畑に還元、と言うより、投棄されている現状、ここ近年発生し始めているデントコーン(飼料用トウモロコシ)の根腐れ病などの発生原因もこのような現状に一因があるのでは無いでしょうか?

私がこの業界に入ったとき、酪農は「土」「草」「牛」の循環によって営まれる産業だと習いました。果たして現状はどうでしょうか?
このバランスが崩れ、土の持つ有機物の分解能力もキャパシティを越え、家畜糞尿がオーバーフローを起こし、結果的にはコストを下げるはずの多頭化がむしろ様々な問題を引き起こしていると要因になってはいませんか?

今の酪農業界にこそ土壌学、粗飼料生産学、家畜生産学それぞれの研究が横断的に行われる「森、里、海関連学」ならぬ、「土、草、牛関連学」が必要であるのではと感想を持った記念講演でした。


9月7日 自給飼料だって立派な作物だ!


飼料用穀物価格が高騰する中、今さらながら自給飼料の見直しが叫ばれています。皮肉なことにエネルギー飼料としてのデントコーンに、ここ数年、深刻な病気が発生しています。今年もその発生が確認され、昨日の地元新聞にもその記事が掲載されました。
発生原因の菌を特定することはもちろん重要なことでしょうが、問題はそれをどのように抑制するのでしょう。殺菌剤でも散布するのでしょうか?1gの土壌の中には1億とも言われる微生物が生息していると言われています。
病気を引き起こす菌だけを死滅させる方法などあるとは思えません。デントコーンは一般的に輪作が可能と言われ、現場の中には十数年若しくはそれ以上の作付けを続けている畑もあります。しかし現場を見ていると全くその発生が確認されない畑があるのも事実です。ある酪農家さんが言っていた言葉がとても印象に残っています。「今まであまりにも何もして来なかった。」もしかしたら病気の発生の無い土壌に解決のヒントがあるのかも知れません。


7月1日 根本的に見直さないと・・・

今日から7月、十勝地方では一番牧草の収穫も後半戦に突入といったところでしょうか。

今月からはアベノミクスの円安と穀物価格の高止まりによる影響で配合飼料価格が一段と値上がりしました。日本の畜産は海外で生産されるトウモロコシや大豆を原料とした配合飼料を利用しています。特に養豚・養鶏業はかなり依存しているのが現状です。今回の値上げにより国は緊急対策を打ったようですが、果たして今後更なる値上がりが続いた場合いつまでこの対策を続けるのでしょうか。生産現場においては配合飼料価格がどのようになろうが自給飼料を最大限活用し安定的な畜産経営が求められます。北海道の畜産にはその基盤があるのですから。


6月6日 土と草と牛の勉強

十勝管内でも平年よりやや遅れて一番牧草の収穫が始まったようです。しばらく雨のマークも無いようなので順調に作業が進むと良いですね。

一昨日、昨日、今日とグラスファーミングスクールに参加してきました。放牧酪農を中心とした勉強会ですが、うちの取引先では圧倒的に舎飼いで通年サイレージ給与型の酪農家さんが多いのです。しかしながら土と草、そして家畜栄養に関しては非常に参考になる勉強会です。

今回は上士幌町(有)十勝しんむら牧場の新村社長に誘われて参加しました。実は新村社長がまだ独身時代、上士幌町で開催された時以来、十数年ぶりの参加となりました。

二泊三日のスケジュールで行われましたが、放牧時の基礎栄養学、放牧草の特性、実際に放牧酪農を実践している牧場からの報告など多岐に渡るテーマで非常に興味深い内容のものばかりでした。また日中の勉強終了後の夜なべ談義では各地から集まった参加者と有意義な情報交換の時間を持つことも出来ました。

スクール初日「橋本牧場の取り組み」の講義を行って貰った清水町の橋本牧場さんが二日目のフィールドワークの場となりました。


放牧酪農に転換してから20年の歴史と牧場の現況を聞いています。さすが町長選挙に出馬経験のある橋本さんの話は面白い!


世界で一番低コストで牛乳を生産しているニュージーランドからDr.ガビン・シース氏のレクチャー。
面積当たりからどれだけのミルクが生産できるのか、根本的な考え方が日本の一般的な酪農と考え方が大きく違うようですが
放牧草の利用法、牛の草の食べ方など非常に参考になります。ライジングプレートを使用して草地の草の量を量る
実験、ニュージーランドで管理放牧を実践している酪農家では必ずある測定器だそうです。


元帯広畜産大学の倉持先生からは、牛の糞に集まる昆虫の話を聞きました。年間通じると100種類以上の昆虫が糞の分解に関わっているのだそうです。

昨今の、配合飼料価格の高騰により見直されつつある放牧酪農ですがやはり、十勝などでは実践できる地域が限定されます。
しかしながら北海道酪農の優位性は自給飼料の有効利用にほかなりません。中でも草地の持つポテンシャルを最大限生かすことが出来るのがこの放牧酪農だと改めて認識することが出来たグラスファーミングスクールでした。

 

 


5月24日 自給飼料率の向上

ここ数日、やっと平均並みの気温になってきたように感じられます。アベノミクスによって株価の上昇、輸出型産業にとっては円安に伴う利益の大幅な改善などいい事ずくめのようですが、円安によって恩恵を受ける産業があればまたその逆もありで、輸入エネルギー資源に依存する国内運輸業界を始め、現実的に輸入食料の依存度が高まっている一般家庭の台所へもその影響はじわじわと広がっているようです。

残念ながら日本の畜産は、海外から輸入される大豆やトウモロコシといった飼料用穀物に依存しているのが現状です。しかしながら広大な飼料畑を持つ北海道だからこそ出来る自給飼料が改めて見直されています。

十勝南部にある広尾町の(有)ミックランデーリィさんでは、デントコーンの播種作業も後半を迎えていました。

(有)ミックランデーリィさんは海に近く、初期成育時の気温も上がらないため永年マルチ栽培に取り組んでいます。
今年も46ヘクタールの畑に94日の品種を播いています。

フランス製のこの播種機は20年も活躍している年代物
今年、海外実習から帰って来た息子さんも強力な助っ人です!


10ヘクタールの広大なラップフィルムの海が広がります。

好むと好まざるに関わらず現在の日本の畜産業は為替の影響を受けるのが実態ですが少しでもその影響を減らす経営努力が求められますね。


2月26日 十勝のエコフィード事情

記録的な降雪と寒かった2月も残り3日、今年はいつもの年以上に春が待ち遠しく感じます。

政権が変わり輸出産業を中心として株高、円安が進行しています。輸入資源に依存する農業経営においてはそれほど円高メリットの実感が無いまま、燃料を始めとして飼料・肥料などの価格の値上がりは早いものだと感じます。

TPP問題も、良く分からない言葉の表現で何となく参加方向が決まってしまったようですが、この国の国益とは一体何かが今後明らかになっていくのでしょうか?

輸入穀物に依存する国内の畜産業ですが、先日、地元十勝でのエコーフィードに取り組む現場を見る機会がありました。


中小企業家同友会とかち支部の会員企業でもある音更町にあるタイセイ飼料株式会社、売上の大半は配合飼料の販売が占めますがそれでも大きな設備投資を行いTMRセンター向けなどに副産物を原料にしたエコフィードを製造しています。


芽室町にある和(有)大地飼料販売では、今から17年前カルビー帯広工場の操業開始とともに排出される原料からエコフィード製造が始まりました 。

意外と近くにありながら見る機会があまり無かった地域のエコフィード事情に少し触れることが出来ました。この十勝では既にビートパルプや規格外の農産物などが既に飼料として利用されている実績があります。養豚などと違い法律規制がある反芻動物が多い十勝、また大都市圏と違い食品工場などの数自体があまり多くないこの地域では、未利用資源はもうそれほど多くは無いと思いますが、生産現場としては品質の安定性、供給、価格という面から見てもまだまだ配合飼料に分があるのが現実ではないでしょうか。


1月31日 愛知同友会東三河支部農業研究会

1月も今日で終わり、時間が過ぎるのが早く感じます。これを「ジャネーの法則」と言うのだそうですね。今日、聞いていたラジオで言ってました。この法則は生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢に反比例するのだそうで19世紀のフランスの哲学者ポール・ジャネが発案したのだそうです。もちろんブログ書き込みのサボりの言い訳なんですけどね。

先日は、関東方面への取引先回りを含め愛知同友会東三河支部の農業研究例会に出席して来ました。

まだ発足間もない東三河支部農業研究会が会員と非会員向けに行った例会で「これからの農業経営を考える」北海道の先進事例から学ぶと言うことでせん越ながら、私と(有)中藪農園中藪社長、㈱大野ファーム大野社長の3人がパネリストとなり、それぞれの経営内容や同友会農業経営部会との関わりを(有)環境テクシスの高橋社長のコーディネートによりお話させて頂きその後、例会に集まられた会員、非会員の方々と質疑応答を行いました。

今回の例会出席は7月にとかちで開催される”食と農”連携グループ全国交流会inとかちのアピールという重要なミッションもあり、例会また例会終了後の懇親会の場でしっかりと任務を遂行させていただきました。

 

翌日は、パネルディスカッションでコーディネーターを努めた高橋さんのまたまたコーディネート兼運転手で、農業関連企業さんや会員企業さんを訪問させていただきました。

非会員ですが、高橋さんの取引先でもあり現在熱心に入会を勧めている創業85年の地元の飼料販売店です。とかちにある飼料会社とも取引があるそうです。輸入飼料やサプリメントなどは全国共通のようでした。


酪農家さんも訪問させて頂きました。地域柄粗飼料畑は全く無く、配合飼料はもちろん牧草も全て購入していました。排泄される糞尿は全て堆肥化され近所の野菜や果樹農家が引き取って行くそうです。変敗したサイレージなどを給与していないせいか意外と牛舎近辺の臭いは少なかったですね。


同友会会員の株式会社 清須ライスセンターさんでは、 精米、加工品のネット販売の他に16町の水田の田植えや収穫などのコントラクター事業も行っているそうです。ちなみに16町歩は200枚ほどの田んぼだそうです。


高橋さんが経営されている(有)環境テクシスさんでは食品工場などから出る廃棄物を飼料化する事業を行なっています。ホワイトボードに書いてあるのは今週の給食の献立ではありませんよ!この地域で有名な「うなぎパイ」もありますね。食料自給率が40%を切り、食品の廃棄と言うことが大きな問題になる中 、高橋さんは大学で勉強した知識を生かして食品リサイクルという立派な仕事を行っていますが最近の飼料高などの影響もあり年々その取り扱い量は増えているようです。


最後は中藪社長のジャガイモや大野社長の牛肉の取り扱いを行っているスーパーサンヨネさんを見学させて頂きました。残念ながら同友会会員企業さんではないのですが地元では生鮮品の取り扱いが良いお店として単位面積売り場の売上金額も全国の中でも有数のスーパーなんだそうです。お昼前の訪問でしたが幅広い年齢層のお客さんが大勢訪れ、店員さん達も活気がありとても明るいお店だと感じました。企業理念が「ステキな会社をつくりましょう」なんて本当にステキですね。中藪さんと店長さんで中藪さんのコロッケを持って!

我々の持つ愛知県のイメージは自動車などの輸出産業しかなかったのですが意外と農業生産でも養豚や養鶏などの畜産を中心として大消費地を控えた葉物野菜などの生産も多いようです。しかしながら経営規模としては家族で兼業が多いと言うのもやはり府県農業の実態なんですね。北海道は経営規模が大きいとはいえ、やはり消費地から離れておりその物流コストがネックになりますが大消費地に近い分、また多様な経営形態の展開の可能性を感じました。いずれにしてもそのための異業種交流を含め同友会を活用した学びは絶対に有効であると思います。


11月27日 大きいことは良いことか?

最近、直接的な取引は無いのですが地域を代表するような大規模な酪農生産法人の代表数人と話す機会がありました。新聞などでは生産拡大を賛美し薔薇色の経営であるかのごとく報道されているようですが、生産現場においての実態は労務管理や労働衛生問題、安定的な人材の確保・人材育成、局所集中している大量の糞尿処理問題など、上げればキリがないようです。当の本人達はと言うと某組織に上納する数千万から億単位に近い手数料に対する当初からわかりきっていた不満など、どう見ても健全に発展しているようには思えないのです。昨今の輸入穀物価格の高騰による配合飼料価格の値上げなどがより一層不満に拍車をかけているようにも思われます。今後発生するであろう社長の交代など悩みも尽きないようですが法人とは会社であり、家族主体の経営とは一線を画さなければなりません。会社ですから、より一層経営者としての勉強をし自立した経営をしなければいけないはずです。それが出来なければ某組織の傘下の酪農生産事業部の一つになり兼ねないのではないのでしょうか?私が所属する経済団体のトップの方が以前言っていた言葉を思い出しました。「膨張と成長は違うのだ!」と。


11月9日 自給飼料を見直そう!

11月に入っても暖かい日が続いています。平年の気温だと既にUNIQLOのタイツを履いてる頃なんですけどね。今日は毎年この季節に開催されている「飼料アップとかち展示会2012」に参加してきました。

今年はアメリカの熱波による飼料穀物価格高騰の影響を受け先月から配合飼料価格も上昇しており、今年は例年以上に参加者が多いように感じました。


自給飼料優良事例の紹介からスタート


サイレージミーティングでは、十勝管内各地からデントコーンと牧草のサイレージサンプルが展示され、参加者がそれぞれ給与してみたいと思われるサイレージに投票します。


十勝農協連酪農課の古川さんから、投票結果の発表とサイレージの品質評価を行いました。

種苗メーカーのブースでは、実験農場によって栽培された「シバムギ」「リードキャナリー」「チモシー」のそれぞれのサイレージが展示されていました。如何に「チモシー」以外の草のサイレージが良くないか臭いなどを嗅ぐとはっきりとその違いがわかります。

自給飼料の品質評価と言うのは、なかなか客観的に行うこと自体あまり無いように思われましたが良質な自給飼料作りのためのヒントが得られることは非常に有意義なイベントであると感じました。


Facebook
Facebookページ
Facebookページ
アーカイブ