児玉ヘルス商事株式会社
カレンダー
2019年12月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
広告・解析

Archive for the ‘酪農’ Category

9月14日 今年は厳しい冬を迎えることになる?

おおよそブログは月一、二度の更新ペースになってますね(笑)9月中旬になってもほとんど秋の気配すら感じません。今日の帯広の予想最高気温は31℃、朝から湿度も高くうっとおしくまるで梅雨のようです。

それでも十勝管内ではデントコーンの収穫が少しづつ始まって来たようです。

取引先の本別町にある高橋牧場さんでも、昨日からサイレージの切込み作業がコントラクターを使って始まりました。積算温度は生育に対しては十分と思われますが、朝晩の冷え込みが無いため登熟が進んでいないように思われます。ただ高橋牧場さんでは収穫後の畑に秋撒き小麦の「ゆめちから」を撒くために適期より早い収穫作業となっています。

今年、各地を回っていて感じることは昨年と違い根腐れやスス紋病に罹っている圃場をほとんど見かけないことです。これは今年の夏の干ばつの傾向が影響しているかと思われますが品種の選定もさることながら、やはり天候の影響にはかないませんね。


一方、来月10月は四半期に一度の配合飼料価格の見直し時期ですが、今回は最近の中では大きな値上幅となりそうです。
今年は牛舎の敷料に使われる小麦ワラも不足で価格は上昇傾向にあるようです。ここ数年から見ると今後の酪農経営は少し厳しくなりそうです。今一度、改めて無駄やロスを見直すきっかけにしなければいけません。


8月22日 いよいよ転換を求められるのか十勝の畜産?

暑い日が続いています。一昔前だとお盆を過ぎると秋風が吹くなどと云われていましたが、最近はお盆が過ぎても真夏日と蒸し暑さが続きます。海外では日本国内の家畜用飼料となるトウモロコシの大半を生産しているアメリカの穀倉地帯の熱波は半世紀に一度といわれるほどの深刻な生産の減少とそれに伴い相場が過去最高値を更新しています。新興工業国の経済成長と食生活の変化により、世界的に飼料用穀物の争奪が繰り広げられ、片や少子高齢化による人口の減少、で買い負け状態に追い討ちを掛けるかの如く飼料穀物価格の上昇が国内畜産業を急激に圧迫することは火を見るより明らかです。
輸入穀物を原料に作られる配合飼料は価格も含め安定的に供給されることが前提で成り立ってきた畜産経営を根本的に見直さなければいけない状態が遂に訪れてしまったようです。
本来、牛などの反芻動物は人間と競合しない草という資源を主食としミルクや肉の生産を行うはずの畜産経営がいつの間にか一時の穀物輸出国の戦略物資となり、脂を多く着けた肉が高値で取引され、穀物を多給することにより一頭当たりの乳量を経済動物だからという名のもとに追求してきた結果が今日に至ったわけです。
しかし残念ながら、永年、生産現場を見てきた私が感じることは決してこの状態は持続性のある経済活動では無かったということです。過剰な穀物の給与により病気や内臓廃棄率の高さ、家畜としての寿命の低下、この現状に疑問を抱く現場の農家の人も決して少なくは無かったのですが、経営のため強いては生活のため、また自分ひとりの力ではどうしようも無いことと云った話を数多く聞いてきました。

今後、輸入穀物に取って代わるエサがあるのか、エコフィードなどのリサイクル飼料や飼料米の生産を増加させ畜産を支えていくのか私にはその答えは持ち合わせてはいませんが、もう今まで同様の経営形態を続けていくことはかなり難しい状況になったことは間違いないと思います。


6月22日 十勝農業に危機意識は芽生えるのか?

ここ最近まともに太陽さんの顔を拝見できない日が続いています。6月としては8年ぶりに本土に台風の上陸があり、台風一過で好天が予想されたのですが、さすがの台風も冷たい空気を持つ高気圧にはかなわなかったようです。


恒例になっている、新総合振興局長をお招きしての農業経営部会の6月例会が先日開催されました。今年は道総研十勝農業試験場の場長も変わったと言うことで木村秀雄新場長にもお越しいただき「十勝畑作農業の課題と技術開発」というテーマで非常に興味深いお話を伺ったので報告させていただきます。

木村場長は十勝大樹町の酪農家に8人兄弟の末っ子として生まれ当然?農家の後継ぎになることは出来ず帯広畜産大学を卒業後、農業改良普及員として北海道内の農業生産現場を回っていました。前任は農政部農産振興課長として、私も昨年参加した「ナタネ会議」で一度お会いしていました。


木村場長はデーターを示しながら、十勝農業の半世紀の歩みを豆類の減少から、小麦の過作が招いた適正輪作体系の崩壊とそれに伴い、現在は先代が築き上げた土作りの遺産の上で営農を行っていると厳しく指摘し、既に小麦やビートなどにおいては網走管内より平均反収が劣る作物も出現していると報告され、また急激な酪農の規模拡大に伴い耕畜の連携がとれず、家畜糞尿問題や圃場における有機物の不足という現在はアンバランスな状態でもあると報告されました。

常日頃、生産現場を回っていて私自身も強く感じていたことであり、木村場長の報告には全く同感でした。

農商工連携や、六次産業化など農業経営の付加価値を高めることはもちろん大事なことですが、その生産の原点である「土作り」は絶対に怠ってはいけないということが改めて感じることが出来た例会でした。

 


12月15日 みんなが同じ結果ではない

12月も、もう半分を過ぎました。やらなければいけないことはたくさんあるのですが、残りの稼動できる日数を逆算しながら予定をつぶしていくしかありません。もっとも商売をやってる身においては忙しいというより充実していると解釈するべきなのかも知れません。

この時期に来て、酪農家さんでは今年収穫したデントコーンのサイレージが各地で開封されてきているようです。今年の原料は生育中に「根腐病」が各地で発生し倒伏や枯れ上がりなどで、決してサイレージ原料としては良いものではないといった不安の声が聞かれていました。

そんな中、先日、取引先の更別村河原牧場さんのデントコーンサイレージを見せてもらいました。

原料は、9月の末近くに切ったそうで、若干根腐的な症状が一部で見受けられたので急遽切り込み作業を予定より早めて行いました。
結果的には、水分も60%近くまで落ち、一般的には二次発酵してしまうのではといわれる水分ですが、見事なサイレージが出来上がりました。

子実収量も非常に高く、香り、発酵品質ともに素晴らしい仕上がりで嗜好性も非常に良いそうです。

河原さんのところは、牧草、デントコーンともに常に品質の高い粗飼料を作っているということで、種子を供給している会社の研究所から研究員が必ず出来上がりを見に来られるそうで、今年の出来上がりに関しても最高との評価をされたそうです。

ちなみにサイレージ分析書を見せていただきましたが、数値からもその品質の高さがよくわかりました。

私は以前から感じていることがあるのですが、農業の技術の世界はとても奥が深くて、試験研究機関で一般的に言われている技術もあれば、なぜそんなことが起こるのかといった技術も含め現在の理屈だけでは解明できないようなわからないことが数多くあります。

今年のデントコーンの根腐病をはじめ、作物には様々な病気が発生します。馬鈴薯の「そうか病」などのように直接的に大きな経済損失をもたらす典型的な病気もあります。しかしみんな今年の天候の影響ですべてがそのような病気にかかったわけではありません。

一般的に試験研究機関は「なぜ病気が発生したのか」その原因究明に躍起になりますが、私は、その反対になぜその圃場では、病気がなぜ発生しなかったのかという研究を行わないのかと、かねがね思っています。

農業生産の元となる「土」はとても複雑な世界ですが、みんなが同じ結果ではないのですから、問題の無かったところから学ぶべきところににこそ大きなヒントがあると思うのですが。


11月7日 浦幌町泉牧場さん

11月に入り、少しづつ気温が下がって来ましたが、冷え込みが長続きしません。初雪も平年から見ると遅れ気味のようです。先日、開通した札幌帯広間の道東自動車道を3回ほど走ってみましたが、ETCを使用すると当初報道されていたほどの通行料金にもならず時間短縮のメリットは大きいようです。


 先日、定期配送に行った浦幌町の泉牧場さんでは秋の堆肥散布などの作業の合間を縫って育成牛舎の建設中でした。
牧場主の泉元一さんは、私より一つ年上でかれこれ25年ほどのお付き合いになります。
泉さんは110頭ほどの牛を奥さんと二人で飼っていますが、とにかく基本に忠実に牛群の観察を怠らず素晴らしい経営をされています。牛1頭1頭を大事に扱い、本人の代の経営になってから市場から牛を購入したことは一度もないそうです。
最近の極端に暑い夏もちょっと給餌の時間を変えたり、サイレージの変敗を防ぐために給与量の加減をしたりと夏場に生産量を極端に落とすこともなく感心することばかりです。
最近、話題のTPP問題に関しても、反対、賛成も大事だけど、自分のできることをしっかりやるだけだよ!と言っていました。


10月29日 草作り、土つくりがなおざりになってないか?

今朝は、かなり冷え込みました。それでも11月2日から1週間ほど高温に関する注意報が発令されています。昔はこんな季節に高温に関する注意なんてなかったですよね。

酪農家さんの、牧草収穫もいよいよ大詰めを迎えているようですが、11月に入ってからの高温ともなればせっかく冬眠に入ろうとしている牧草もまた伸び始めるのではないでしょうか?

最近、複数の酪農家さんから同じような話を聞きました。それは牛の頭数や経営規模の拡大方向で進んできた一方、肝心の粗飼料が決して良いものが作られていないという内容のものでした。草地更新をしてもしばらくすると、すぐに雑草が混入し植生が悪化してしまったり、収穫もコントラクター利用などで早くはなったのだが、その割には粗飼料の質は向上していないというのです。

粗飼料以外のエサに関しては、現在の飼料設計もかなり充実しているせいか、よほどのことでもない限り大きくバランスを欠くことは無いようですが、その分、粗飼料の質が牛群の疾病障害の発生や様々なストレスに対する抵抗力の差となって現れ、獣医さんと毎日顔を合わせることになるのか、疎遠になるのかの別れ道になります。

良質な粗飼料を生産するための土つくりは一朝一夕で出来るものではありませんが、飼料だって立派な作物です。このオフシーズンの間、もう少し原点を見つめ直してみてはいかがでしょうか?


10月16日 オールインワンスラリーを目指して

リン酸肥料の価格が、また上がりそうな気配です。8月に中国化学鉱業協会は第12次5ヵ年計画(2011~2015年)に合わせた「化学鉱業発展計画」を公表、リン鉱石を従来とはケタ違いの重要資源に位置づけ生産規制を強化するとともに、備蓄制度も創設する方針を打ち出した。
(9月6日付け化学工業日報より)

農業生産にとって非常に重要なリンは、その原料となるリン鉱石を100%輸入に依存しています。その輸入先もアメリカが1990年代後半にリン鉱石そのものの輸出が禁止になり、日本は現在中国から多くのリン鉱石を輸入していますが、第2のレアアースになりかねない状況があります。

当社では、以前よりリン酸肥料を「骨炭」という形で、商社を通じて輸入販売を行って来ましたが、今年から日本国内にある製糖工場(残念ながら北海道内の製糖工場では製糖原料が違うため骨炭は使っていません。)で原料糖のろ過に使用された後の回収骨炭に切り替えました。回収骨炭ということで価格的にも安く、肥料成分は従来の輸入骨炭と変わりません。

ただ、回収骨炭ということで、粒子サイズがバラつくのが難点で、特に微粒子状(測定したところ20ミクロン程度)のものはハンドリングも悪いのですが、逆にこの微粒子状ということを活用してスラリーストアに直接投入しスラリーに不足するリン酸を補給してやろうということになりました。

 

 

 

 

 

 
当社の取引先の広尾町にある(有)ミックランデーリィさんに協力してもらい先日、投入試験を行って来ました。3,300㎥もある巨大なスラリーストアに、もうもうと骨炭の煙が舞い上がります。

とりあえず、スラリーを攪拌しながら投入しましたので、後日、これがどれだけ沈殿しているかを確認します。

 


10月14日 畜産にもプロバイオティクスという考え方

昨日、一昨日と同じ農経部会で幹事を務めている、上士幌町の(有)とかちしんむら牧場さんと芽室町の肉牛経営㈱大野ファームさんでプロバイオティクス利用の勉強会と現場見学に行って来ました。

プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを整えることによって健康な生活を営むという考え方で、人間社会ではヤクルトやヨーグルトなどの発酵食品が有名ですが、農業の世界でも全く同じことが言えます。循環型の農業を実践する上においては、家畜の健康維持と共に家畜排泄物の有用発酵、強いては良質な堆肥生産が健康な土壌へと連鎖し、有用な微生物が支配することが農業生産において大きな力を発揮することになります。

しんむら牧場さんは、昨年からこのプロバイオティクスの考え方を導入し、乳酸菌を餌から給与し、健康で免疫力の強い牛群つくりを実践しています。ここはバイオべッドで、一度ロータリーをかけただけです。

バイオベッドの表面から数十センチのところにある嫌気条件の糞です。通常、このような状態のものに素手で触るのは、ちょっと勇気が要りますが、この状態で全くアンモニアや糞の匂いがしません。

しんむら牧場さんのバイオベッド中の乳酸菌の数値と大腸菌群の分析値ですが、大腸菌が陰性となっています。


ホルスタインとF1をめむろ未来牛ブランドで年間4000頭ほど出荷している芽室町の㈱大野ファームさんでは、以前から好気発酵条件で堆肥化を行ってきていましたが、そこから発生する臭気で、近所からも苦情が出ていたそうです。
大野ファームさんでも、昨年からこの乳酸菌を仔牛の哺育段階から給与していますが、仔牛に関しては育成率の向上、親牛では疾病障害の減少、そして敷料の交換頻度の減少、嫌気性の堆肥化ですから攪拌などの手間の減少による省力化、牛舎全体の臭気のかなりの減少などと大きな変化がでているようです。

巨大な堆肥舎にある牛糞も以前はスクリュー式の好気性発酵促進機を使用していましたが、現在はほとんど使用しなくなったそうです。

しんむら牧場さんは、放牧中心の酪農、大野ファームさんは穀物中心の肉牛経営と同じ牛でも大きく飼養方法に違いはありますが、腸内細菌のバランスを整え家畜を健康に管理するといった面ではいずれの経営でも良い結果が得られているようでした。今回の勉強会には当社の取引先の大型酪農家の方を誘って参加しましたが、その方も非常に興味を持ち是非、実践してみたいとのことでした。

プロバイオティクス利用という考え方は健康な牛が健康な糞を排泄し、それが良質な堆肥化を促進し、土壌に還元されて健康的な土になり、健康な作物を作るという理想的な循環型の農業に繋がって行くはずで、大量の化学物質や抗生剤利用の農業から脱却するための有効な手段であると考えます。

 


8月31日 チームヴァージニア

収穫感謝祭も無事終了しました。収穫感謝祭の様子はFACEBOOKにアップしてありますので!FACEBOOKまだやってない方はこの機会に始めてみては、仕事に遊びにコミュニケーションツールとしてはいいモンだと思います。

当社の取引先には様々な経営形態の酪農家さんがいます。法人経営の数千トンを出荷するところから家族経営のマイペース型経営まで規模の大小もさまざまですが、牛の改良を中心として個体販売にウエイトを置いているのが更別村にある今村牧場さんです。

今村さんは、過去にもホルスタインの全道共進会でもチャンピオンを取ったこともあり、現在は息子の真吾君が大学卒業後、道央の酪農家で実習を重ね、数年前から後継者として頑張っています。


今村牧場さんの素晴らしいところは、忙しい牧場経営の中、3人の子供達の小さい頃から酪農ヘルパーを使い家族での時間を有意義に過ごしてきたことですが、長男真吾君が帰ってきてから、少し余裕の出来てきた今村さんは冬の間、自称「ヴァージニアスキーチーム」の代表として
私も含め仲間達とフラノやサホロ、昨年は夕張での大会参加と週末はスキー場通いです。早く雪降らないかなぁー!


8月23日 チッソ肥料”ゼロ”の牧場

 盆休み明け以降、天候がパッとしません。週末は良くなるとの予報ですが収穫感謝祭の天気が気になります。

 
昨日は、浦幌町にある浦幌模範牧場で打ち合わせを行って来ました。現在こちらの牧場は指定管理者制度を導入し、昨年まで役場職員として場長を務めていた三宅さんが定年退職し、会社を設立し運営を行っています。
 三宅さんは元々、民間の出身でコスト意識にも優れ全道の多くの公共牧場が赤字の運営を強いられる中、民間コンサルタントなどを活用し立派な黒字の牧場運営を行っています。

 模範牧場では、草の特性を最大限活用し、ここ7~8年は化学肥料を一切施さず、石灰とリン酸資材を中心に土壌診断を適正に行い無駄な肥料は使わずに単位面積当たりの肥料代が一般と比較し半分以下になっています。
 今後はさらなる肥料代の削減と、良質な牧草の生育を目指し、当社もお手伝いをさせていただきます。


Facebook
Facebookページ
Facebookページ
アーカイブ