児玉ヘルス商事株式会社
カレンダー
2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
広告・解析

Archive for the ‘PTA’ Category

2月8日 義務教育と地域の中小企業

いやぁー、「ホネまで愛して」読者の皆さんゴメンンサイ。1週間のご無沙汰でした。前回の更新以降、突然サイトが表示されなくなり多くの方からご心配のメールや電話を頂きました。中には児玉ヘルスは無くなったんじゃないかなんて。

 実は昨年、プロバイダーを変えメールアドレスも変更したことをレンタルサーバーの管理会社に変更登録していなかったんでね。基本的にはドメイン使用料金などの請求書は見逃すことは無いんですが、そのメールすら、どうも迷子ちゃんになってたみたいで結局期限切れでサイトが閉じられてしまったというわけでした。

 早い話が公共料金の支払いを忘れていて、電気や水道が止められたようなもんでした。以後、気をつけます。

 結構、マメにブログ更新をしていたのでさすがに1週間ブログの書き込みをしないと結構ネタが貯まるもんですね。

 先日は同友会帯広支部の35周年記念の講演会が開催されました。地域に密着した中小企業にとって、その地域に育つ子供達の教育は決して他人事ではありません。教育問題は、地域中小企業と深く関連するということで「地域の未来を担う子供達の「力」をどう育てるのか」を考える機会になりました。
 dscf4466.jpg
2004年同友会帯広支部は帯広市に対して「学校選択性の導入を求める教育提言」を提出しました。そこで今回の記念講演はすでに学校選択性や小中高一貫教育を導入し教育改革を実践している東京都品川区教育委員会教育長である若月秀夫氏を招きました。
dscf4481.JPG
学校選択性の導入時、かなりの批判も寄せられたらしいですが、結果的に選択性を求めて品川区に移り住む家庭が増え人口が増加したそうです。評価の高い学校に児童生徒が流れ入学者が少ない学校があるのも事実のようですが、むしろ教員の目が行き届きやすい少人数学校を望む保護者もいるそうです。
 また学校選択性が始まって地域の学校を守ろうとする地域住民の機運がかつて無いほど高まる結果にもなりました。

 若月教育長自身も校長経験者で学校そのものがかなり独りよがりの部分があったと話しました。
また品川区では大手企業の協賛を受けて小中学生に対し意思決定に必要な資質を育て能力を身につけさせるための社会認識能力・将来志向能力育成プログラムというものを行っています。
 
 同友会帯広支部でも高校生を対象としたインターンシップ事業を行なっていますが、この品川区の小中学校から経済・経営・生活設計の体験学習を行う取り組みはスゴイものだと思います。
 体験後の学習効果としてあいさつや言葉使いの大切さ、親の職業に対する興味や仕事をするということの大切さが子供達にとても強く印象に残ったという報告があり、何のために勉強をするかということの意味も理解できたのではないかと思います。

 さて明後日は、東部十勝農業士会の総会が開催されそのときにちょっとした講演をすることになりました。「これからの農業経営をどう考えるか」~地域資源の活用法~のテーマなんですが、まあ、いつもこのブログで書いてあることが中心になると思います。明日は農経部会の例会で一杯飲まなければいけないので?今日中に資料の作成をやってしまわなければ!


1月12日 最後の夜回り

今朝の帯広は氷点下19度を下回り、今冬一番の冷え込みになりました。多くの農家の皆さんと話すと一様に寒いのはいやだけど、冬に寒くないと夏は暑くならないからね、との答えが返ってきます。

今週末は、大学入試センター試験が行われますが、当初受験予定だった我が家の長男坊は何とか推薦での入学が決まり、毎日、受験勉強の鬱憤を晴らすかのようにゲーム三昧です。よく飽きもしないもんだと感心してしまいます?

 我が家にはもう一人高校受験の娘がいます。その娘の中学校のPTA役員を引き受けており、今晩はPTA生活最後の休み中の夜回りがあります。つい先日、本州で中学生の女の子が盗んだトラックを運転しパトカーの追跡を受けたなんてニュースもありましたが、親の感心度合いは一体どうなっているんでしょう。
 


5月29日 週末の天気

沖縄の基地問題で鳩山総理は福島大臣を罷免しました。基地の移転先がどうあれ仕方ない結果でしょうね。それにしても当初の考えを貫き通した大臣が優柔不断な総理のその場凌ぎの考えに振り回されたとでもいったところでしょうか。何とも本人は不条理を感じているでしょうが今度は政権を離脱し野党として本来の姿になり徹底的に政府と戦ってください。(昨日の友は今日の敵)

しばらく太陽さんを拝んでいませんが、週間予報では今日からしばらくは良い天気が続きそうです。
十勝管内でも絶対的に積算温度が上がらない広尾町ではデントコーンのマルチ栽培が一部で行なわれています。
img_0659-w800.jpgimg_0661-w800.jpg
さすがに地温を保持するマルチ栽培、こんな天気だからこそその差を発揮します。

娘の通う中学校でもPTA役員を引き受けています。今週末は体育祭ってのが開かれます。私が生まれ育った札幌の中学校では体育記録会とか言ってウイークデーに生徒だけで行なわれていた記憶がありますが、初めに帯広へ来て驚いたのは小学校の運動会同様、日曜日に父さん、母さん、じいちゃん、ばあちゃんも皆集まって応援するわけです。もっとも昼間から酒が飲めるのは良いことです?

 もうひとつ週末のイベントと言えば競馬の祭典「第77回日本ダービー」ですがな。競馬通に言わせると、この「ダービー」がすべてのホースマンの夢だと言います。藤原英昭厩舎のエイシンフラッシュが上位陣にどこまで食い込めるか注目です。


10月30日 粗飼料が足りない?

息子の通う高校では、今度は新型インフルエンザにより今日から1週間の学級閉鎖です。これで夏以降、学校閉鎖、学年閉鎖に続いて3回目の休校になります。よくこれで修学旅行が中止にならなかったものだと感心します。単位制が導入されている高校なので今年の冬休みは間違いなく無くなるでしょう。

今年の低温多雨の影響を受け牧草やデントコーンなどの粗飼料不足が懸念されています。地元で流通している牧草の価格も高くなっていると聞きました。天候だけの影響だけでなく草地基盤に基づいた頭数を飼っている酪農家においてはさほどの問題ではないようですが。
img_0422-w720.jpg
仕事でよく通る足寄町の牧草畑で収穫後そのまま放置?されている牧草(敷料)があります。どのような理由があるか分かりませんが間違いなく牧草としての価値はなくなっていますね。

 先日のニュースでは別海町で収穫後牧草地にあったロールサイレージ25本が盗難にあったとか、誰が盗んだのか知りませんが何とも世知辛い世の中です。

 別海町といえば東京で起きた結婚サギ事件、この女は別海町出身だそうでしばらくテレビのワイド番組を賑わせそうです。どーでもいい話題でした。


8月27日 学校閉鎖

息子の通う高校が、新型インフルエンザ感染のため昨日から今月末まで学校閉鎖になりました。
 実は我が息子も部活関連で感染、盆休み後に発症し現在は平常に戻りましたが、直後の学校閉鎖で8月はほとんど学校へ行けないことになってしまいました。
 帯広市内の学校も学年・学級・学校閉鎖や休校の措置が相次いでいます。

 これから高校生は秋に向けて修学旅行や受験など様々な行事が増えてくるので、いっそのこと自然に感染させ免疫をつけさせたほうが手っ取り早い解決法になるのでは?


6月1日 THEイナズマ戦隊

 今日から、6月北海道の短い夏の始まりです。
PTAの役員を引き受けている娘の中学校は昨日の一日中降り続いた雨で中止となりました。
農家の皆さんにとっては、恵みの雨となったのではないでしょうか。

 広尾町の久保牧場さんは当社の永年の取引先です。広尾町農協の組合長も努められ優秀な経営をされています。
img_0107-w800.jpg
現在の経営主、久保進さんの息子さんの裕行さんは、実は”THEイナズマ戦隊”のドラマーなんです。
 最近は、自分達の曲以外に他のアーティストへの曲の提供などでも活躍している知る人ぞ知るロックバンドです。
 THEイナズマ戦隊は、裕行さんが酪農を継ぐために行った酪農学園大学時代に出会ったメンバーと組んだバンドで学生時代から地元では名の知れたバンドでした。
 当初、父親の進さんは、遊びのバンドだろうし卒業したら帰って来て酪農を継いでくれるだろうと思っていたのですがメジャーデビューが決まる頃には諦めがついたようでした。
 札幌などでコンサートがあるときにはご夫婦で行かれるそうです。


12月3日 帯広市PTA研究大会

実は、私は帯広市のPTA連合会の役員もやらされて?おります。
所属している教育部の年に一度の研究大会に、毎度おなじみ、十勝農業試験場の菊地場長を招き、ご講演をいただきました。
pc020020-w720.jpg
大会のテーマが「考えよう 子供の未来」ということで、「食と環境 子供達の未来に向けて 今私たちにできること」という演題にさせていただきました。
 私は、同友会農経部会の例会などで幾度か菊地場長の講演を聴いていますが、農業関係者以外が大多数を占めるPTAにおいては、菊地場長の講演は大変、参加者の共感を得たようで、研究大会終了後の懇親会においても、菊地場長を囲み大いに盛り上がりました。
 PTAの会員といっても、当然、一般の消費者になるわけで、改めて地域の主産業である農業に対しての認識を改めたようでした。
 


11月4日 学校・家庭・地域の連携を考える集い

北海道新聞紙上で「教育 希望を求めて」という取材の連載をやっています。11月2日の第6部 「再生へ こう考える」で東京都杉並区立和田中学校で初の民間出身の藤原和博校長先生の事が出ていました。
 非常に興味を持って読んでいたところ、タイムリーにも昨日、帯広市と教育委員会の主催で藤原先生の講演会があるとの連絡があり、早速、講演会に行ってきました。
 講演のテーマは「学校を核に地域を再生する!」で、民間出身の幅広い視野と経験を基に熱く語られました。

 藤原先生曰く、成熟した社会において学校はすでに機能低下を起こしており、決してそれは学校長を初めとする教員だけでは手に負えない状況になっており、地域の住民が一丸となって学校をサポートしていかないと学校教育の再生はありえないということでした。
 なぜ学校の機能が低下していったかについては、経済力の上昇に伴い家庭の購買力も上がり、学校の持つ物質的な魅力が減少し、学校自体がまぶしい存在ではなくなったこと、また、教師と父兄間の学歴差が無くなり、教師に対する尊敬の念も薄れてきた。そして情報化社会の典型的な表れとして、莫大なお金を使ったテレビ放送の影響が子供達の脳の認識構造自体に大きな変化をもたらしている事も無視できないそうです。
 ちなみに中学校の国語の年間授業時間は100時間であるの対し、1日3時間テレビを見るとすると年間1000時間、子供がどちらの言葉を覚えていくかといえば、それは火を見るより明らかであると言わざるを得ないという事でした。

 講演を聴き終わったあと、成熟した社会の中に置かれている日本の農業の抱える問題と学校教育の抱える問題がどこか、かすかに似ているような感じを受けました。
 
 


10月10日 朝のあいさつ運動

pa100039-w720.jpg
  我が家には、高校受験を控えた中学校3年生の息子と、小学校6年生の娘がいます。
実は、娘の通う小学校のPTA役員を引き受けています。
ここ何年か、一月に二度、朝の通学時間に校門の前で、子供たちとあいさつを交わす運動を続けています。
 始めの頃は、あいさつの声をかけても、「この人たちは何者なんだろう」的な目で子供達に見られていましたが、最近では、どの子供達も元気良く、あいさつをしてくれるようになりました。
 低学年の1,2年生の頃は元気良くあいさつをしてくれるのですが、高学年になるにつれ、照れくさくなるのか、多少、トーンが下がっていきます。

 二週間おきのあいさつ運動ですが、だんだんと寒くなっていくのを肌で感じる、今日この頃です。


総合学習

06718_00106718_010我が家の5年生の娘の通う小学校の総合学習、「十勝丸かじり」と称して今年は十勝の農産物の中の小麦にテーマを絞って勉強しています。そこで今回は私のコーディネートで我が農経部会員の(有)北海道ホープランドさんに伺って小麦畑や乾燥施設、コンバインなどを見学させてもらいました。妹尾社長から小麦に関する説明を受けた後、子供達からは様々な質問が寄せられました。 その後、またまた農経部会員の池田町「ハッピネスデーリィ」で島木社長よりチーズに関するお話を伺いました。


Facebook
Facebookページ
Facebookページ
アーカイブ