児玉ヘルス商事株式会社
カレンダー
2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
広告・解析

Archive for the ‘野球’ Category

8月9日 甲子園!

 十勝代表、帯広白樺学園、初戦突破目指して頑張れー!


6月25日 将来の農業応援団

 昨日の帯広の最高気温は予報どおりの13℃台、一方、関東方面では39℃を越えるなど6月としては記録的な暑さのようです。電力規制の今夏、本州の皆さんは先が思いやられますね。北海道はいいですよー!
 
 ところで、ここ数年本州の高校生が修学旅行で北海道を訪れた際、農業体験を行う学校が少しずつ増えているようです。十勝管内でも「農村ホームステイ」と称して、我々農経部会会員の農場でも受け入れに積極的に取り組んでいます。
 受け入れる農場にもいろいろと手間が掛かることとは思いますが、こういうことってとても大事なことだと思います。

 一般的に十勝の農家は、現在でも政府管掌作物の生産が中心で、いわゆる原料作物って奴で生産された作物がどこの誰にどのように利用されているのかがわかりづらいものです。
 良い悪いは別にして、顔の見える相手に対してモノを生産するのとそうでないのではおのずとやりがいや思い入れは変わってしまい必然的に農の生産現場とそれを消費する都会の距離は物理的にはもちろんのこと精神的なつながりなどはなくなってしまうでしょう。
 
 現在の日本は世界中から安価な食品が怒涛のごとく押し寄せてくる中で(もっとも最近はこの補償さえ危ういですが!)生産者はただ作るだけ、消費者は自分達の食べているものがどこでどのように生産されていることすら興味も無いとするならば、この国の将来に悲劇的な事態が起きることはあまりにも明白だと思います。
 
 将来の日本を背負っていく学生達が食料生産の現場にほんの短時間でもかかわることで彼らが大人になったとき、人間が生きていくための糧がどのように生産されていたか記憶に残すことこそが将来の農業応援団につながることと思います。

 さて明日からは、いよいよ夏の甲子園に向けた全国高校野球選手権大会十勝支部予選が始まります。昨年の今頃は我が家も息子たちの最後の大会に向け力が入っていました。今年の1回戦も何の因果か昨年息子らが惜敗した相手になってしまいました。後輩達には昨年の先輩達の悔しさを晴らして欲しいモンです。

 一方競馬は上半期の総決算、夏のグランプリ「第52回宝塚記念」が開催されます。藤原英昭厩舎のエイシンフラッシュ、前走、春の天皇賞は惜しくも2着でしたが、今回は上り調子で本命ブエナビスタにどこまで食い下がれるか期待大!今週末もイベント目白押しです。

 


6月24日 咲く花、散る花

 一昨日、帯広は今年初の30℃を越える真夏日になりましたが、今日の予想最高気温は13℃と気候変動が極端な最近の天候を象徴しているようです。
 
 先日、高速道路の無料化社会実験が終了後、初めて札幌へ仕事で行ってきました。有料化再開ということでやはり交通量は減少している感じでしたが、大型のトレーラーやトラックをほとんど見かけませんでした。
 当社でも、商品の配送にトレーラーなどをチャーターしますが、価格競争の厳しい運送業界では高速道路の通行料金は大きなコスト負担なんでしょうね。

img_1485-w640.jpg
今春、大学に入学し準硬式野球をやっている長男坊ですが、午後からの仕事前に札幌麻布球場で行われているリーグ戦をちょっと見て来ました。私も高校生まで札幌に住んでいましたが、麻布球場には初めて来ました。麻布球場ってこんな街中にあるとは知らなかった。

 道内の3ヶ月予報が気象台から発表されましたが、7月は梅雨前線の影響で不順な天候が続くとか。

こんな天候でも早生系のメークインなど馬鈴薯の花が各地で咲き始めたようです。

一方、先日まで一面の黄色いじゅうたんだったナタネは花も散り始め実をつける莢が姿を現しました。
img_1531-w640.jpgimg_1532-w640.jpg
今年の莢付きは良さそう?


5月17日 素人にはわからない

 やっと今週になって天気予報で晴れの日が続くなぁと思っていたら昨夜も雨が降りました。聞いてないぞー!

 先週末から春の高校野球が始まりましたが、やはり息子の後輩達の試合は気になります。とりあえず1、2回戦は市外校との対戦をこなし、これからが市内校相手ですので夏のシード権獲得のために頑張れ!

 ここに来て、東京電力は福島原発の震災直後のデーターを公表していますが、やはりというか当初から相当危険な状況だったようです。我々素人国民達にわからないうちに解決がつくとでも考えていたとしか思えませんね。

 事故の責任を取って役員報酬を50%カットで3600万円も国民感情的にはふざけるな!といったところでしょう。


5月4日 やっぱりね!

 当初の予報より、GWの天候がだんだんと悪くなっています。全道各地の峠は雪道となっているようです。

 この10年ほど、我が家のGWといえば息子の野球につき合わされました。野球の無いGWというのもちょっと寂しい気もしますが。それにしても今のファイターズの勢いはスゴイ!昨日だって、エース、ダルビッシュが最終回同点に追いつかれた時点で負け試合のところを、延長戦の次の表の攻撃で突き放してしまうんですからね。今年はいけるんじゃないですかね。6日はサッポロドームでソフトバンクとの首位攻防戦を観戦してきます。

 相変わらず予断を許さない福島原発ですが、やっぱりいましたね天下りが、もっとも原子力政策の推進とと電力会社の利益追求のために天下りを受け入れていないわけはないと思ってましたが。
 地震、津波の天災はいざ知らず、この原発の事故は間違いなく人災以外の何者でもないですね。前政権も含め、この原発政策を推し進めるに関わったすべての人間に補償問題とこの責任は取ってもらいましょう!

 それにしても日曜日の春の「天皇賞」藤原英昭厩舎の「エイシンフラッシュ」2着、惜しかったー!


3月22日 震災の影響はいつまで

亡くなった方、行方不明の方が2万人を越えました。原発もまだ予断を許さない状況のようです。農畜産物からは国の基準を超す放射能物質が検出され野菜や原料乳の出荷が停止になりました。出荷解除の時期については当分の間ということらしいですが、当分っていつもでのことなんでしょうか?

 当然ながら、国や東京電力に対しては早急な生産者の生活や休業による補償を求めたいものです。一部の国では日本産の食料の輸入停止も行われ、安全な日本産の食品に対するイメージも壊れ始めているようです。まさかその安全神話が放射能によって壊されるとは想像も出来ませんでしたね。

 明日からはセンバツ高校野球が予定通り始まります。一方プロ野球の方は両リーグの開催日が、それぞれズレ、どうもこちらは選手会と球団側との考え方の違いが生じているようです。
 プロ野球が日本を元気付けるなどとの発言もあるようですが、一野球ファンとして言わせていただくなら、ちょっと思い上がりじゃないって感じですかね、野球ファンがプロの野球に期待するものはそんなモンじゃないと思うんですが。開催の延期による経済的損失を防ぐための口実なんでしょうけどね。

 斎藤佑樹も昨日は、ボロクソに打たれましたが。本人にとっても良い経験になったでしょう。プロの当番で無失点なんてのもいつものマスコミも騒ぎすぎです。どうせ打たれるなら、もっと早くに打たれていれば良かったのにと、ファイターズファンとしては、ちょっと気がかりです。


10月28日 久しぶりのキャッチボール

昨日は、帯広で昨年より6日早い初雪が観測されました。それでも週末にかけてはまた気温が上がりそうでまだまだ自転車も乗れそうです。

暖かかった先週の日曜日、受験勉強中の息子から久しぶりにキャッチボールに誘われました。夏に高校野球を引退したとはいえ、高校生の投げる硬式ボールには怖いものがあります。思えば息子も小学校4年生から友達に誘われ野球少年団に入り中学校、高校とシーズン中は親も野球三昧の時を過ごしてきました。
 満足にボールを投げることが出来なかったときから息子とキャッチボールをやり、投げるボールの速さ、強さで子供の成長を感じて来られたことは幸せなことだったかもしれません。

 私自身、野球経験は子供時代草野球程度のものでしたが、我が息子ながら高校野球までやり通したものと感心しています。(親の負担も物心ともにかなりなものでしたが)

 息子曰く、大学に入ったら軟式野球に転向などと言ってますが、野球が好きだという気持ちを忘れず、将来、家庭を持ち子供が出来たときに自分の子供とキャッチボールをしてあげて欲しいもんです。やっぱ野球は楽しいぞー!


8月7日 十勝亜麻産業活性化セミナー

昨日の帯広の最高気温は35.9度、東京より暑い今年2度目の猛暑日でした。ラジオの天気予報によるとここ数日が夏のピークだとか。暑いと言えばいよいよ今日から夏の甲子園が始まります。すでに夏が終わってしまった我が家の高校球児ですが、親子共々今年の甲子園は特別な思いを持って試合観戦を楽しみたいと思います。

先日は新着情報でも案内をしていた「十勝亜麻産業活性化セミナー」へ出席してきました。
亜麻は明治の時代から十勝管内で14000haも栽培されて夏場の貴重な現金収入を得ることが出来る作物だったそうです。農家のある世代以上の方に聞くと昔はよく亜麻抜きを手伝わされたと聞きます。昭和40年代に入り化学繊維の普及により日本では産業としての栽培はなくなりましたがヨーロッパなどでは有害物質を含まず人体や環境へ害を及ぼすことの無い素材として、建築資材、自動車など様々な分野への利用の研究が進められているようです。
img_0850-w800.jpgimg_0852-w800.jpg
更別村で亜麻の試験栽培を行っている(有)コタニアグリさんの圃場では開花が終わり着実期に入っています。


7月6日 劇的な回復

息子の高校野球が終わって、次なる関心はやっぱりファイターズでしょう!最悪のシーズンスタートから一時は借金10数個までいったにも関わらず交流戦明けの怒涛の連勝でついに借金完済!それでも順位は5位ですが勢いが違いますわ。

劇的な回復と言えば昨日発表された管内の農作物生育状況、特に豆類などはファイターズ同様春先の借金を完済しついには生育の貯金も最近は特に夜の気温も高く、積算温度も順調に積み重なっているようです。

何とかこのままファイターズも農作物もシーズン後半にかけてガンバレー!


7月4日 夏が終わった?

季節のことではありません。息子の三条高校野球部、十勝支部予選2回戦敗退でした 練習試合でもほとんど負けたことの無い帯広緑陽高校相手に息詰まる投手戦で0対0で迎えた9回裏ツーアウトランナー無しから、応援団の誰しもが延長戦を予想した中、相手4番打者の右中間を破る2塁打に中継が乱れ3塁を落としいれる打者へ向かった返球があろうことかヘッドスライディングを試みた打者走者の足に当たりボールがファールグランドを転々。応援席すべてが言葉を失いました。
 あまりにもあっけない幕切れでした。まさしく1球の怖さを思い知る試合でした。

「野球というスポーツは人生そのものだ」読売巨人軍終身名誉監督が色紙のサインにこの言葉を添えています。また、野球は筋書きの無いドラマとも言われます。

この結果を現実として受け止め、これからの将来に向け3年間頑張ってきた野球部員たちには、さらなる次のの目標に向かって行ってほしいものです。少年野球時代から頑張ってきた我が息子へ、お疲れ様!


Facebook
Facebookページ
Facebookページ
アーカイブ