Archive for the ‘乳製品’ Category

8月28日 2009北海道放牧酪農ネットワーク交流会 in 足寄

昨日は、足寄町で開催された2009北海道放牧酪農ネットワーク交流会in足寄に参加してきました。今年で7回目を迎えたこの交流会も昨今の飼料価格の高騰などを背景に年々参加者が増えています。今年から季節限定(6/1~9/30)で道外飲用向けとして明治乳業から発売された「放牧牛乳~足寄から」の話題も一因でしょうか。
 今年はNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」出演で一躍脚光を浴びた青森県のリンゴ農家木村秋則さんの記念講演があるということで酪農以外に畑作や描き栽培や、またいつものように新規就農を目指す若い人たちの参加者が目立ちました。

 午前中の記念講演では「草資源活用の酪農について」のテーマで、中標津町の三友盛行さんが講演をされました。
 三友さんの講演はこの交流会でも幾度となく聞いていますが、放牧酪農の技術的なことはもとより今回は「心の持ちよう、酪農民としての生き方」いわゆる酪農哲学を熱く語られました。
 ちなみに三友さんも9月29日に放映されるNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」への出演が決まっているそうです。

 img_0260-w720.jpg
木村さんの講演では不可能とされたリンゴの無農薬・無化学肥料栽培に取り組むきっかけに始まり貧乏のどん底を味わいながら情熱を掛けたリンゴ栽培の話に大きな感動を得ました。
img_0262-w720.jpg
酪農学園大学の荒木和秋先生をコーディネーターに足寄町放牧酪農研究会佐藤会長を交え「農の原点から、放牧酪農を見る」のテーマでパネルディスカッションと会場からの質疑を加えフロアーディスカッションが行われました。二人のNHK「プロフェッショナル」出演者の豪華な?ツーショットです。

 今回の記念講演やディスカッションでは、リンゴ栽培でも酪農でも共通の「土作り」が主要なテーマとなりました。
 良い土が良いリンゴを実らせ、良い草を育て良い牛を作る、当たり前の話であるが目先の経済優先だけが重視の現在の農業生産に大きな疑問を改めて抱かせる今回の交流会でした。
 大手乳業メーカーの差別化された牛乳の販売や木村さんの取り組みを九州や東北の農協単位での取り組みが始まるなど時代が少しづつ動きはじめていると感じました。

 木村さんは決して農薬や化学肥料を悪だとは言っていませんでした。ただ生産現場はその便利さに少し使いすぎではと苦言を呈しています。実は無農薬栽培に取り組んだきっかけは農薬使用後に必ず奥さんの体調が崩れる事だったといいます。
 以前、ブログにも書いた事がありますが残留農薬の被害を受けるのは消費者よりもその農薬を扱う生産者だそうです。
 現在、木村さんは農水省や大学などとこの栽培法についての話し合いを行っているそうですが、消費者意識、流通制度、行政支援など変わらなければいけないことはたくさんありますが日本人は物事の急激な変化を受け入れない、故に「階段を一歩づつ上がるように変えていけばいいんだよ」といった言葉が印象に残りました。
 


7月22日 アメリカ農業視察報告

今日も朝から雨が降っています。雨の多い7月です。

農経部会7月例会が開かれました。
今月の7月4日から12日の間、農経部会有志によって行われたアメリカ農業視察報告です。

今回の視察テーマは、リーマンショック以降のアメリカ農業ということで、シカゴ近辺を中心に非遺伝子組み換えを中心としたトウモロコシの生産・流通状況、バイオエタノール産業の現状、北海道と同等規模の酪農家視察でした。
img_0222-w800.jpg
参加メンバーは以下の通りです。

㈱大野ファーム大野社長、㈱アグリインデックス竹内社長、小林牧場小林代表、中村農場中村代表、㈱尾藤農産尾藤代表、タイセイ飼料㈱境田代表、 通訳、案内役は豊田通商㈱

遺伝子組み換え農作物に関しては、様々な遺伝子組み換えを行った種子が急速に普及しておりトウモロコシは80%、大豆に関しては90%以上に達すると言われており、実際に豊田通商㈱が取り扱う非遺伝子組み換えトウモロコシは全体取り扱いの5%にも満たないそうである。

 バイオエタノール工場は、かなりの工場が閉鎖に追い込まれる一方、新たに操業を始める工場もあり、閉鎖原因は急激な原料相場の価格高騰に資金繰りが行き詰まりなどが原因のようで堅実経営を行っているところと、投機的な経営を行ったところの違いも一つの要因のようである。ちなみに全米では現在3億tのトウモロコシのうち、1億tがバイオエタノール向けに原料が回っているとのこと。
 個人牧場は、昨年と比較して乳価が1ポンド20ドルから10ポンドと半値になり、酪農経営だけでは経営が成り立たず、アルバイトや副業などで経営を支えているといった、大よそ日本のような安定した保証価格ではではなく、大変な状況のようであった。

 全体的な視察報告を聞いた中で、アメリカにおける農業や企業経営の厳しさは日本の比ではないように感じられたが、何処の農場においても環境整備や機械、工具に至るまで整理整頓が行き届き、厳しい経営の中でもアメリカ農業の経営の豊かさが感じられる報告内容でありました。


6月22日 チーズ作り

今朝の北海道新聞記事から乳価の引き上げに伴う牛乳の割高感から「牛乳離れ」が加速、チーズも安い輸入品に押され消費が低迷しているとのことですが、つい最近まではバターや、脱脂粉乳が不足し、年末のクリスマスケーキが作れないといった現象は一体なんだったのでしょうか。世界経済や世の中の好不況に振り回されている現状を改めて実感させられます。
 
 そんな中、受講している「アグリバイオ産業創出のための人材育成事業」の食品加工実習で初めてチーズ作りを体験しました。
 帯広畜産大学で製造されている「畜大牛乳」を原料に半硬質タイプのモッツアレラチーズを作ります。
 残念ながら市販されている高温殺菌牛乳ではチーズはできません。
 
 ナチュラルチーズ製造に関わる基礎知識の講義を受けた後、製造開始です。
img_0172-w800.jpgimg_0171-w800.jpg
乳酸発酵には、スターターとして市販のヨーグルトでも出来ます。ちなみに「ブルガリアヨーグルト」を使いました。やっぱり乳酸菌は本当に生きてるんですね。
img_0174-w800.jpg
スターター添加・培養後にレンネット(凝固材)を添加し静置します。
img_0177-w800.jpgimg_0175-w800.jpg
凝固した後、カッティング作業を行います。手元が緊張します。
img_0179-w800.jpgimg_0180-w800.jpgimg_0181-w800.jpg
カッテイングされたものをカードといいます。出てきたホエーの甘酸っぱい香りがしてきます。
これを豚に飲ませたのがホエー豚ってやつです。
 このホエーのPHを計計りながら乳酸発酵度合いを見ます。PHが下がりすぎると出来上がりが悪くなるので、慎重に作業を進めます。
 一定のPHになったらホエーを抜きます。
img_0182-w800.jpgimg_0183-w800.jpg
熱湯の中でカードを伸ばしたり丸めたりしながら成型していきます。
img_0184-w800.jpg
流水で冷やして完成!ちょっと形は不揃いですが、担当教授からは、いい出来と褒められました。
 
 取引先にはチーズを製造しているところが何箇所かあり、出来上がったものはいつも見ていますが、なかなか自らチーズを作ると言う機会はありませんでした。
 温度管理からPH測定など、根気と熟練を要する作業である事がよく理解できました。
 これからは、よりじっくりと味わって食べたいと思います。
 


Facebook
Facebookページ
Facebookページ
アーカイブ