児玉ヘルス商事株式会社
カレンダー
2019年12月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
広告・解析

12月11日 農業は甘くない

年末恒例の今年一年を表す漢字が「暑」に決まりました。天候の変動をまともに受ける一次産業ですが、年末を迎え農産物の収穫減や漁獲量の減少などが続々と発表されています。
 
 ところで我が家では、高校と大学の受験生を二人ほど抱えていますが、昨日、長男坊の推薦入試の結果が発表され何とか無事合格することが出来ました。半分肩の荷が下りホッとしているところです。

 昨日は同友会の清水地区会の会員である㈱フルタイムファームさんへお邪魔してきました。
img_1095-w640.jpg
フルタイムファームさんは、東京にあるマンションなどのロッカーの管理などを手がける会社のフルタイムシステムの子会社で、現在、有機無農薬のアスパラ栽培に取り組んでいます。

 この農場の栽培管理はフルタイムシステム社員の市川さん夫妻が頑張っています。収穫は4月から9月までなので、現在は来春に向けてアスパラの木は冬眠中です。

 市川さん夫妻のお話によると本社から3年で採算が取れる経営に持っていけとのミッションを与えられているようですが、農業はそんなに甘くはないぞー!


2 Responses to “12月11日 農業は甘くない”

  • のーおた:

    今日は雪の中ありがとうございました。
    いろいろ興味深い情報をいただきまして、狭い価値観が広がりました。
    日記のアスパラ農園3年はきついですよね。
    なぜなら3年目にアスパラは病気が入って取れなくなる作物だからです。
    そこを乗り切れるかどうかなんですが、要は嫌地が起こるから病気に犯されるのであって有機物や微生物の多様性をよく考えた栽培をすればそこを乗り越えていけるようです。
    どの作物を見ても多かれ少なかれ土に対して行わなくてはいけないノルマの部分は結構出揃ってきていると思います。

  • 昨今の異常気象の中においても、被害を最小限に抑えることが出来る生産者とそうでない生産者の格差が確実に広がっているように感じている今日この頃です。

Leave a Reply for 児玉 誠也

Facebook
Facebookページ
Facebookページ
アーカイブ