児玉ヘルス商事株式会社
カレンダー
2019年12月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
広告・解析

12月20日 本物って何だろう

今年も残すところ10日ほどになりましたが、今日は、北見まで行って来ました。土曜日に降った雪に今朝からの雨で幹線道路はスケートリンク状態で路肩に転落している車両を数多く見かけました。

 先週の土曜日は、その雪降り積もる中、宮崎県のマンゴー農家永倉さんのところへ送る「十勝ナタネ油カス」の袋詰め作業に追われました。

何でわざわざ十勝のナタネ油カスを宮崎まで送るかっていいますと、それは永倉さんに「十勝ナタネ油カス」を気に入ってもらったからです。(そりゃそうだわね。)

永倉さんの農場ではマンゴーの糖度を上げるために化学肥料ではなく有機質肥料を使用するのですが、以前、使用していたナタネカスは、輸入のものでいわゆる遺伝子組み換えの種子を日本へ輸入し、国内の製油メーカーが溶媒抽出といって、法律で認められてはいるのですがノルマルヘキサンという化学薬剤を使用し搾油された後のもので本当にカスしか残らないものです。

それに対し「十勝ナタネ油カス」は、化学薬剤を使用せずコールドプレス(低温圧搾法)製法といって熱をかけないで搾る製法を行っています。
溶媒抽出法は、使用したノルマルヘキサンを除去するために高熱をかけるのでカスに対してもかなりのヒートダメージを与えます。

そんな「十勝ナタネ油カス」は土に対してやさしい有機質肥料なのですが、あえていうなら、そのナタネ自体の栽培には化学肥料を使用するので、俗にいうJAS有機の認証は受けられないかもしれませんね。

いずれにせよ、どちらもニセモノのナタネ油カスではないんですが、皆さんならどちらを選びますか?

新着情報にも書きましたが、第11回の「全国菜の花サミット」が十勝で開催されます。来年はさらに忙しくなりそうかも?


Leave a Reply

Facebook
Facebookページ
Facebookページ
アーカイブ