児玉ヘルス商事株式会社
カレンダー
2019年11月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
広告・解析

3月14日 十勝産小麦100%までの道のり

大阪出張から帰って来ました。昨日の大阪は雨降りで最高気温が20度と我々北海道人にとっては体調を崩しそうな暖かさでした。

先日、今年度最後の農業経営部会の例会が開催されました。

十勝でパンと言えばますやのパン、㈱満寿屋商店の杉山雅則社長に十勝産小麦100%使用の話題提供を頂きました。
1950年創業のますやパンでは今から23年前より今は他界された先代の社長が地元産原料でのパン作りに取り組み始めました。
先代の遺志を引き継ぎ近年、100%十勝産原料に切り替えることに成功しました。

パン製造業界では圧倒的に輸入原料が多く、品質が安定しない地元産原料でのパン作りを試行錯誤を重ねながら取り組んで来ました。
品質が安定しないことでパン職人からは文句も出たそうですが、現会長で杉山社長のお母さんは職人達にいかなる原料であってもその原料で良いパンを作ることがあなた達の仕事だと言って地元産原料を使い続けさせたのだそうです。


地元でパン用小麦の栽培には当初ペーパーポットで苗作りから始めたと言う話には出席者一同から驚きの声が上がりました。

現在、杉山社長は地元のパン屋さんたちと「十勝パンを作る会」を立ち上げたり、自ら石釜を持ち歩き学校などでピザ・パン教室を開催するなどし食育活動なども積極的に行っています。
杉山社長は今後もいかなることがあっても地元で作られた小麦を原料にパンを焼き続けると断言されました。我々もそのパンを買うことによってこれからも「ますやのパン」を応援していきたいと思います。ますます、「ますやのパン」が好きになりました。ますが多すぎますた!(笑)


Leave a Reply

Facebook
Facebookページ
Facebookページ
アーカイブ